パズサバ至上宴会

パズサバの司令官様各位へ
本日2022年6月19日(日)
真の帝王りゅんぷが定員3万人の至上宴会を、秋葉原の凱婷縁にて開催いたしました。ボタンを連打したのに入れなかった方、ぜひ次回がんばってください。
幸運にも入れたのが、下記の11名と、(以下略)その他29989名の方々でした。

帝王りゅんぷ×しげちぇけ
えりか106×LET IT DIE(れりだい)
isshiy×PINK PUMPKIN×もも夏
いくら×JetP×サオ×こころん

足の踏み場もなかった至上宴会の模様をお伝えします。
※なお、このオフ会の模様は完全なるフィクションであり、事実とほんの少しだけ異なりますのでご了承ください。

「定員3万人は呼びすぎたよな…」
 りゅんぷは腹の底から冷えあがるような、底知れぬ狂気を孕む声でそう呟いた。入口の外では、3万人を越える群衆がひしめき合っている。
 ここは神田須田町の凱婷縁というらーめん屋である。定休日が日曜日に変更となったことで、至上宴会は日曜開催となった。それにしても、日曜日のオフィス街は人が閑散としているので助かった。日曜開催で、本当に良かったと心から思う。花束を持った老若男女が万単位でひしめき合うのだ。平日だったら確実に警察も出動するような、大騒動となっていただろう。
 どうしたものだろうか…、とりゅんぷが思案していると、群衆に押し潰されて右往左往している小柄な女の子が目に入ってきた。
「あれはいかん!」
 りゅんぷはその子をひとり、店内へ招き入れた。
「大丈夫かな?」
「はぁ、はぁ、た、助かりました…!!」
「む!?」
 一見するとただの美人さん。しかし、余はその奥にあるオーラを見逃さなかった。
「ふむ、ロードかな?」
 見抜いた。国をまとめる、その聖母のような慈悲と愛を。
「え?どうしてわかったんですか?」
「ふ、一流は一流を見抜くものよ…」
 こうして、南川律の卒業バージョン並みに美しい女性、現役のロード、もも夏が加わった。

 外の群衆を見やると、知った顔がちらほらと散見された。彼らを招き入れる。こころん、しげちぇけ、えりか、レリダイ、イッシー参戦!
「ん!?えりか、どうした!?」
 松葉杖をついて入ってきたえりか。…そんな馬鹿な。余が最近コツコツと訓練しはじめたアベンジャー部隊を100万人くらい突っ込ませても「は?」とか言いそうなえりかが、負傷している?もはやえりかの心配というよりも、そのケガの原因となった対象が心配で仕方ない。そのケガをさせた人がいたとして、その相手の足は、吹っ飛んだりしてないだろうか?
 話を聞くと、どうやら自損事故のようだ。安心して、素直にえりかの回復を祈ることができた。
 6人だけ招き入れたわけだが、もう少し招き入れてみようかとりゅんぷ。「プォフォ~♪」と採取部隊の到着音を口ずさみながら、入口を開けた。

「こんにちは」
 入ってきたのは男女の二人組。男性の方は高級スーツに身を包み、洗練されたオーラを放っていた。女性の方は、あどけない少女のような純粋さを秘めた美少女である。
「ジェットです」と男性。
「いくらです」と女性。

…ん?

 ジェット?
 まさか…?

 みなさんは、参加者2600人を越える日本人最大のディスコードグループの存在を知っているだろうか?そのサーバー主の名前が、確か【jet P】
「いやいやいや、あの公式からも公認を受けている、めちゃくちゃ凄いサーバーの主がこんな秋葉原と神田の間でひっそりと開催している至上宴会に来てくれるはずがない…。名前は、偶然の一致でしょ?」
「いや、本物のジェットPですよ」
「…え?…本物?」
「はい」
「ってことは…」
 混乱した余は、隣りの美少女に視線を移す。
「いくらさんも本物?」
「はい♪」といくらさん。
 どう見ても人間だ。本物のいくらには見えなかったが、まあ、いいや。

 あとひとりかふたり、誘おうかな…。
 余が外を見やるや刹那。
「むむ!?」
 余の千里眼(すべてを見通す能力)が発動した。
「あれは、イラ!?コスプレしてる人がいる!!!うそ!まじで!?」
 テンションマックスの余。
 ついに、ついに、コスプレ参加者が!!
 その衝撃の写真が、これだ!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ナイフは息子さんが作ってくれたそうです♪

 初コスプレ参戦者はイラ(PINK PUMPKINさん)でした♪写真では写らなかったのですが、チョーカーも首につけてきてくれました☆ 
 次回はぜひ、アマンダの魅惑の影スキンコスでお願いします!!!
 
「最後のひとりは…、む?」
 女子高生がいるではないか。女子高生もパズサバやるの?
「どうも、女子高生(本物)のサオです♪」
「むう…」
 どう見ても女子高生なのだが、本人が(本物)と強調すると、少しだけ怪しい…。見た目は確実に女子高生なのだが…。
「みんなで写真撮りましょう~♪」
 そんな可憐なサオさんが写真係になり、パチリ☆

こころんから左回りに、もも夏、jet P、レリダイ、しげちぇけ、りゅんぷ、いくら、イッシー、えりか、ピンクパンプキン

 みなでパズサバの話で盛り上がること数時間。楽しい時間はいつも一瞬。15:00~オープンした至上宴会も、気が付けば終幕(23時)の刻。
「また近々、絶対やりましょうね!!」
 皆で約束し、指揮官たちはそれぞれの国に帰る。
 またいつか出会うその日まで、みなサバイバルの世界に身を投じていった…。

~あとがき~
 毎回のことですが、最高に楽しかったです☆お忙しい中、みなさん足を運んでくれて、本当にありがとうございました。色々な国から、色々な立場の方が集ってくれて、第1回以来18名もの指揮官様が参加してくれています。様々な方が集うようになってきたので、少し簡単なルール(エチケット)のようなものも作ろうかなと思案中です。もっとたくさんの人にパズサバを、凱婷縁オフ会を楽しんでもらえるように…♪

次回予告
 猛獣使いのママよ永遠に、ピンクパンプキンさんアマンダの魅惑の影コスにチャレンジ、えりかに横付けにされた恐怖でもも夏失神、いくらさん鮭になる、ジェットさんPからQに進化、しげちぇけとりゅんぷ船橋で飲む、サオさん高校入学、イッシーさん外国勢から『恐ろしい日本人ランキング1位』に選ばれる、レリダイさん笑う
 の9本立てでお送りします?

 みなさん、ご来店ありがとうございました!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。